知らなかった精密機械の製造過程

>

精密機械の分野と種類

精密機械は種類が膨大

精密機械の種類は膨大な数があり、技術の進歩と共に増え続けていますので、把握するのは困難です。

主な精密機械の分野としては、わかりやすい物で医療機器や天体望遠鏡、ロボットや電子機器があり、普段の生活ではあまり見ない工作機械や分析機器、レーザー光学機器などがあります。
他にもたくさんの分野がありますが、共通している店はやはり衝撃を与えてしまいますと、本来の機能を失ってしまうことです。

特に医療機器ですと人命に関わってしまう機器ですので、運搬には細心の注意を払っています。
医療機器などの運搬の専門業者がいますので、ほとんどはその業者に依頼します。

精密機械の分野だけでも膨大ですので、細分化した種類ですと100種類を超えます。

名前だけでは分かり辛い精密機械

電子機器の分野で言葉だけではピンとこない物もあります。
例えばロボットや医療機器、電子機器などは普段の生活の中でも見ることができる物ですので、イメージが湧きやすいと思います。
しかし、分析機器や工作機器などは専門職でないかぎり使うことも見ることもない機器です。

工作機器は主に金属や木材、石材などを削ったり穴を開けたり折り曲げたりする機械です。
分析機器は温度や光や長さなどの変化で様々な検査をする機械です。
精密測定器も温度や光などを利用して、様々な物の測定を可能にすることができる機械です。

このように精密機械は普段の生活では見ることのない物が多く、利用用途も専門的なものがほとんどです。
ですので、知識がないと使うことができません。