知らなかった精密機械の製造過程

>

あまり知られていない精密機械工場の真実

精密機械工場の真実

精密機械を作る工場には綺麗な水が欠かせません。
水以外にも空気も綺麗でなければならず、単に精密機械を作るだけではダメなのです。

水と機械は合わせてはいけない物と思いますが、空気と機械は何の関係があるのかわかりませんね。
水と空気が綺麗でなければいけない理由は、精密部材を綺麗にしなければいけないからです。
精密機械は部品が汚れていては、本来の機能を果たすことができません。
そのため部材の洗浄と空気の汚れで部材が汚れてしまわないように、川の水が綺麗かつ空気が綺麗な地域でなければ、精密機械を作ることができません。
精密機械の工場は自然環境が良くなければならないのです。
そのことから、精密機械は一つの工場で作ることが難しいとされています。

望遠鏡なぜ精密機械なのか

精密機械の分野を見て何故これが精密機械なのか、不思議に思う物もあります。
特に望遠鏡が何故精密機器として扱われているのかということです。

普段の生活の中で望遠鏡といいますと、少し遠くの物を見るために使う物でミュージシャンの大きなライブなどで売られていたりします。
ですが、精密機械とされている望遠鏡は天体の望遠鏡です。
天体は果てしなく遠い距離にありますので、ミリ単位以下のズレでも観測することができなくなってしまうのです。
ですので、天体望遠鏡となれば精密な機械なのです。

このように、精密機械は分野が多く膨大な種類があり、普段生活している中では分からない物が多く定義が曖昧なのです。
定義は運送業での配送基準ですので、基準に迷った場合は運送業者に問い合わせて見ましょう。